« やっと日記をかける余裕が2011年1回目 | トップページ | つうきんなんみん »

2011年3月12日 (土)

三陸沖大地震

 昨日、午後3時前のけだるい時間、制作していたコンテンツの最終確認中、グラッときた。

非常に激しい揺れだった。だが、長いブランコに揺られている感覚。阪神淡路大震災の時のような突き上げる縦揺れとは明らかに性質が異なる。

しかも揺れている時間が長い。私は思わず目の前の事務所全体のキーボックスが机上から落ちないように押さえていた。流石に協力隊の集団、皆冷静にモニターを押さえている者、書架の引き出しを押さえている者などなど。

ようやく揺れが治まった。某氏が地震の間に押さえていたTVをつけて皆でニュースを見る。仙台震度7の一報。「あぁ、東北が震源か。」と思う。

しかし、その後悪夢のような映像が流れ続けた。一昨年夏の出張記としてこの日記でも写真を公開した岩手県釜石市が、津波に飲み込まれていく。訪問した市役所は海べりだ。「もう、だめだ」と絶望感。あの時、三陸海岸沿いの自治体を訪問して回って、高台に位置していたのは、岩手県大船渡市役所のみ。

他の役所はきっと絶大な被害をこうむったことと思われた。特に危険なのは南三陸町役場。漁港のど真ん中にあった。とするとその時泊った漁師民宿はどうなったのだろう。小さい女の子がいたはず。ニュースによると、町は全滅しているように思われる。胸が潰れる思いだ。

一方、東京近辺もコンビナートの火事やお台場の火事の映像も流れている。千葉に住んでいる同僚たちは青い顔をして自宅に電話を試みるも連絡が取れない模様だった。隣の席のK君は連絡が取れたようで幼い子と妻は、中学校に避難したそうだ。住居にはヒビがはいり、ライフラインはストップの模様。

自分も自宅の様子を調べてみる。どうも停電のようだ。その時点で帰宅を諦めた。仕事とニュースを交互に見ながら、何となく落ち着かない。総務部門の連中は東北の職場の職員、東北ブロックの協力隊OB会長に必死で連絡を取ろうとしていたが、既にNTTの通信制限がかかり、だめなようであった。

私は腹をくくり、仕事に没頭した。最終チェックして手直しが必要なポイントをまとめて、業者さんに連絡する。あちらも帰宅できないようで、「徹夜で仕上げますよ。」と言ってくれた。

23時過ぎ、通勤で使っている私鉄が動き始める。30分後地下鉄も動く。終電時間とは関係なく、動くようなのでK部長と一緒に事務所を出た。思っていたよりも空いていた。速度を落としての運行で普段の倍かかって、川崎市中原区の駅にたどり着く。

JRは止まっているので、一駅歩いて帰るが、夜中の2時を過ぎているのに、沢山の人がゾロゾロ歩いているのが印象てきであった。また、街灯以外の灯りが殆ど点いておらず、不気味な夜の街をとぼとぼ歩いて帰るのであった。帰宅後、途中のコンビニで買ったハイボールを飲んで、ラジオニュースをつけっ放しにして眠った。

前回、1月25日以降の動きは後日アップします。東京マラソン完走など、それなりにエキサイティングでしたが、この度の大災害で吹っ飛んでしまいました。

恐らく、あの出張で関わった方全員が無事とは思えない中で、ただただ、お亡くなりになった方のご冥福を祈るとともに、被災した方々への支援が一刻も早くありますようにお祈り申し上げます。

|

« やっと日記をかける余裕が2011年1回目 | トップページ | つうきんなんみん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97658/51101102

この記事へのトラックバック一覧です: 三陸沖大地震:

« やっと日記をかける余裕が2011年1回目 | トップページ | つうきんなんみん »