« 2011年5月 | トップページ | 2012年10月 »

2011年10月29日 (土)

明日いよいよ大阪マラソンスタート

 本日は、多忙であった。

朝4時20分起床、4時35分に家を出て、羽田空港へ。
6時30分発大阪行きに搭乗。8時45分に家に到着。

9時に家を出て、10時尼崎着、協力隊大阪府OBOG会幹事会議に出席。
14時まで会議と、T氏にアラブ衣装を貸し出すことで時間を費やす。

その後、インテックス大阪に移動し、マラソンのゼッケンを受け取る。
東京マラソン並みに3万人の参加ということで、会場は満員。
参加賞のTシャツとゼッケン、明日の荷物を預け、ゴール地点で受取る
ための荷物入れなどを入手。

午後3時半に会場を出て、天王寺のめがね屋に行く。めがねを中1で
作って依頼40年近いお付き合いで、今回はめがねの色々な調整を
してもらい。明日のレースで汗でめがねが落ちないようにした。
16時40分に家に向かい、17時半に一旦帰宅。

そして18時に1ヶ月半ぶりの散髪へ行く。髪はすっきりし、これで
明日のレースを快適に走れそうだ。

そのまま、母の家に行き、調子の悪いPCを調整、大阪マラソンの出場者
のタイムを5km毎に見られるように、URLをお気に入りに追加した。

妻の実家に夕食を招待され、たらちり鍋を食す。帰宅は22時。
長い1日だった。明日は5時起きで、会場に行く。

皆さん、sueの番号は28289(ニヤニヤ、キュー)です。関西では読売TVの
大阪マラソンの放映時間にゴールできる予定(東京マラソンの実績から)
なので、暇な人は15時20分から40分の間は、読売TVをみてくだされ。

走っている様子の記事と写真は明日以降アップの予定。乞う、ご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

マンボウ逝く

 沖縄出張のホテル滞在中、食費を節約して、割り引かれるお弁当を買いにスーパーに夕方通っていた。

沖縄の鮮魚売り場にはマンボウの切り身が置いてあった。いったいどのように調理するのか興味津々です。沖縄に詳しい方、ぜひ教えて下さい。

さて、本日ニュースでは、一昨日ドクトル・マンボウこと北杜夫さんが逝去されたことを伝えている。

私の世代の殆どが「ドクトル・マンボウ航海記」を読んだと思う。それから狐狸庵老人こと遠藤周作さんとの交友の本も読んでいる人が多いはず。

ユーモアと純文学の2本立ての両作家であった。20年前に亡くなった弟が文学青年で両者の本を貪り読んでいたことを思い出す。私は理系で文学は苦手であったのでもっぱらユーモア本を弟から借りて読んだことを思い出す。それで一時期は船乗りになりたいと思ったこともあった。

弟の大学の卒業論文は北杜夫について書いたと聞いたが、その頃東京で働いていたのでどんなことを書いたのかは知らない。だが、母から論文の中間の評価で担当教授から批判され、怒っていたときいたきりだ。今も実家には北杜夫の全集があるはず。弟が生きていたらどんなコメントを出したのだろう。今頃天国で語り合っているのかもしれない。

年をとって濫読になっているので全集を紐解いて秋の夜長に読んでみるのもいいかなと思う今日この頃である。

北さんのご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

沖縄出張(ヤギ料理)

 明日、沖縄出張のハイライト、研修生の成果発表がある。ようやく日記を書く余裕ができた。

もともと、5月から半年振りなので何とも言えないのであるが・・・。

写真は、ヤギ料理。
先週金曜日、モンゴルでIT分野での国際協力の専門家をしていたときに沖縄から助っ人で来てくれたF社のOさんが、ヤギ料理を食べてみたいという私のツブヤキに応じてくれたのだ。

Oさんに感謝。ヤギ刺とヤギの血と肉と野菜を炒めた物、ヤギ汁の3品。珍味でした。刺身はにおいがあまりなく、美味しくいただきました。

0024

00250026_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄出張

 

9月27日に沖縄入りした。

イラク人のIT政策研修のコーディネータが主たる業務だが、普通のコーディネータと違うのは研修中に講師として講義も受け持つことであった。

結構大変であったが、那覇市、伊江島、名護市、沖縄市、糸満市の様々な施設や学校を見学し、沖縄県のIT振興策を見ることができて参考になった。

研修も残すところ2日、講義も終わり、あとは研修成果の発表会と評価と閉講式。もうひと踏ん張り頑張らなければ。

Iraqcourse01_2Iraqcourse02_2Iraqcourse03_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2012年10月 »